慈龍の覚書

アクセスカウンタ

zoom RSS 仁和(さとや)誕生

<<   作成日時 : 2008/09/18 22:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 8月25日朝、次男が産まれた。有り難うございます。感謝、感謝。
 しかし、私は子どもが産まれるたびにふさぎ込み考える。
「これからたいへんだな〜・・・・」と。自分の40年あまりの生活を振り返ってそれほど楽観的に「生きるっていいぞ!」なんて軽々しく言えない。
 それどころか、お釈迦様じゃないが「一切皆苦」すべては苦しみである。そこから始めた方が、そこを出発点にしたほうがいいぞ。といいたくなる。
 子どもをこの世に出現させる縁を作った。この事業以上に私が成しえる大きな事業はないだろう。そう思う。自分なりには色々と世間の仕事を成してきたつもりだが、子どもをこの世に迎えた事ほどに大きな事は出来ないように思える。あと育てるという大切な事業もあるが、それよりも大きいだろう。
 
 子どもはかわいい。まるで麻薬か何かのように心の何かを痛点を麻痺させる。子どもと過ごすひととき、その一時でも苦しみが和らぐ。
 長男が保育園から帰ってきた。・・・・声が聞こえる。こんなブルーな思考もぶっ飛ぶ!

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
仁和(さとや)誕生 慈龍の覚書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる